横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。
こどもデッサンクラス講師の阿部道子です。

6月23日(木)の
こどもデッサンクラス特別プログラムの様子をお届けします!

「特別プログラム」とは、月に一度行う一斉課題のこと。
数人で同じ課題に取り組むことで、お互いに刺激となり
がんばって描き上げていこう!というモチベーションを上げるのが
目的です。

今回の課題は、「ゆりを描く」!
花瓶に活けた白いゆりがモチーフです。

鉛筆でデッサンしてから、透明水彩絵の具で着彩していきます。
制作の様子です。

透明水彩絵具は、下に塗っておいた色が
上から重ねた色に透けて見える特性があるので、
重ね塗りできるアクリル絵の具等とくらべると修正が効きません。
薄塗りで仕上げていくことになるので、
鉛筆の段階で、葉の緑色等の暗い色は鉛筆を濃い目にのせて、
暗く表現しておきます。

また、葉や花びらがこみいっているので、
どのあたりを端まで入れるか等、構図もよく検討します。

 

IMG_0827

 

こちらは透明水彩で着彩している様子。

コピー用紙に試し塗りをして色を確認し、
本番の画面に塗っていきます。

IMG_0839
 
花びらの白い色は絵具の白を使うのではなく、紙の地の白を残して表現します。

IMG_0842

IMG_0843

IMG_0844
完成作品のご紹介です。

IMG_0832  IMG_0851

小学5年生。
花びらの白と葉や茎の緑のコントラストがきれいです。
植物らしいみずみずしさが出ました。

 

IMG_0835  IMG_0848

小学6年生。
葉の形がやわらかく、きれいです。
手前と奥の描き分けができ、空間と光が感じられます。

 

IMG_0836  IMG_0850

中学3年生。
鉛筆デッサンの段階で明暗の調子を整えることができました。
花がほぼ正面向きの難しい角度でしたが、
花びらの中の色を繊細にひろって、美しく描きあげました。
構図がちょうど良いです。

 

お疲れさまでした。
次回もがんばりましょう!!

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
吉田町画廊「小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス」

本格的にデッサンの勉強をしたい方へ、
小学4年生~中学3年生を対象に教えています。

吉田町画廊
横浜市中区にある画廊&アートクラスです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!