横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。
こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。

先週の土曜クラスの様子をお伝えします!!

 

IMG_0245 IMG_0243

 

今回のカリキュラムは、「エプロンに絵を描く」です。

普段自分で使うエプロン又は家族にプレゼントをするエプロンに、自分で考えたデザインを描いてみる。

実際に使うものだと、どのような所で使うかな?どういうデザインが素敵かな?など、具体的なイメージがし易く、その分本気度、集中力が高まります!!

 

IMG_0221

 

さらに、今回はただ絵具で描くだけでなく、「ステンシル」という技法も紹介し、希望者はその技法も使い制作しました。

ステンシルとは、非常に簡単な版画技法の一つで、版画のジャンルでいうとシルクスクリーンなどと同じ「孔版」の技法の一つです。

 

IMG_0217

 

 

紙(今回は耐久性のある薄いプラ版を使用しました)を好きな絵柄で切り抜きます。
その紙を型紙としてエプロンの上にあてて、上から絵具の付いた筆で切り抜いた部分全体に絵具を付けていきます。
型紙をはがすと絵柄がくっきりエプロンに写っています。

こんな感じで、孔版の中でも一番単純な技法なのですが、その分少々技術が必要です。

はっきりくっきりと絵柄を写すには、
・型紙を動かないようにしっかり固定をする。手で押さえれば十分な場合が多いですが、マスキングテープなどでしっかり固定をするのも有りです。
・絵具が付きすぎると絵柄が潰れてしまうので、筆にについた絵具の分量をしっかりと調整し、その筆を丁寧に上からたたくようにして絵具を付けていく。

 

IMG_0227

 

以上を集中して行うことが重要になります。

今回はほとんどの生徒が1日で一気に完成。
明るいイメージの作品が多く出来ました。

完成作品を一気に紹介します!!

 

 

次回は、「木炭を使って横顔を描く」です。

白黒の世界でどんな作品が出来るか楽しみです!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
豊富な材料、絵画と工作を織り交ぜたカリキュラム
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!