横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!
こどもアートクラス講師の阿部道子です。
昨日は節分でしたね。こどもアートクラススタッフは
吉田町町内会館で鬼のお面作りワークショップを行い、
こども達が盛り上がってくれました。

2月1日(月)月曜クラスの様子を
ご紹介します!

今回と次回のカリキュラムは、「サイコロ木片で立体作品をつくる」。
1辺が1センチのサイコロ型の木片を使って、
小物入れやペンケース、その他自由に形を作ります。
全てほぼ同じ大きさの立方体。
計画的にデザインして積み木のように形を作り上げていきましょう。

最初にイメージを簡単に描き、配色や形などを決めてから
取り掛かると作業がスムーズです。
DSC09401

 

箱型のものを作る時に便利な底板は、細長いタイプと正方形タイプを用意。

木片をその上に積んでいけばOKです。

 

☆4歳~小2クラス

 

DSC09389 

ペン、アクリル絵の具等で色をつけた木片を使うのもきれいです。

幼稚園生の分の絵の具付けは、

先生が絵の具皿の中で木片を転がして作っていきました。

 

DSC09394   DSC09391

DSC09400  DSC09395

DSC09392  DSC09396

 

 

作品のご紹介です。

DSC09460   DSC09459

年少さんの女の子。

木片をきれいに並べて箱の形を作ることができました。

ピンクや黄色の木片、フタに描いたお花などの絵がかわいらしいです。

 

DSC09453  DSC09454

年中さんの男の子。

色つきの木片をたくさん使って、カラフルな仕上がりになりました。

フタの絵に使った青と箱の木片の青が響き合ってきれいです。

 

DSC09457  DSC09458

小学1年生の女の子。

自分でアクリル絵具で数個木片に着色してから積んでいきました。

フタの裏には、ずれないように内側にはまる木片を付けています。

 

DSC09434 DSC09435

小学2年生の男の子。

お城をイメージして、正方形の底板の上に積んでいきました。

1つ飛ばしで木片を配置していく透かしの並べ方も取り入れ、

レゴブロックの要塞のような雰囲気が出ました。

正面には黒いペンで門の絵も描いています。

 

 

☆小1~小6クラス

 

積み方は人それぞれ。

DSC09402  DSC09406

 

こちらの生徒はスカイツリーをイメージしたタワーを制作中。

 

DSC09407   DSC09411

 

DSC09410 DSC09424

 

 

自由時間には、カリキュラムとは別に木工でイスを作る生徒も。
先生に手伝ってもらい、工具を使っています。

DSC09422

 

それでは作品のご紹介です。

DSC09427   DSC09428

小学3年生の女の子。

底板が正方形の形の小物入れです。

フタの開閉にはフェルト布を貼り付けてちょうつがいのようにしています。

かざりでつけたボタンもかわいい。

 

DSC09429   DSC09425

小学3年生の女の子。

箱の1辺にピラミッドの形に木片を積み上げました。

ちょうつがい式にフェルト布で取り付けたフタを開けると、

ピラミッドと背景の景色という絵ができる!

すごいアイディアです。

DSC09431   DSC09433

小学1年生の女の子。

箱の長辺の真ん中に赤と青の木片を使い、斬新なデザインです。

フタにはリボンのスパンコールやシール、ペンでを飾り付け。

かわいらしいペンケースになりました。

 

DSC09432

小学4年生の女の子。

カベに透かしの並べ方を2段入れておしゃれに。

スパンコールや毛玉、フタの取っ手がピンクを基調に

女の子らしくまとめられています。普段使いたくなりますね。

 

 

次回もお楽しみに!!

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

 

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!