横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。
こどもデッサンクラス講師の阿部道子です。
暦の上では立春となりましたが、まだまだ寒いですね。

1月28日(木)の
こどもデッサンクラス特別プログラムの様子をお届けします!
 
「特別プログラム」とは、月に一度行う一斉課題のこと。
数人で同じ課題に取り組むことで、お互いに刺激となり
がんばって描き上げていこう!というモチベーションを上げるのが
目的です。
 
今回の課題は、「独楽(こま)とひもを描く」!
 
少々季節を過ぎてしまいましたが、お正月のモチーフということで
昔からの定番のおもちゃ、独楽と独楽回しのひもを
描きました。
 
独楽は上から見ると円形の形をしているので
楕円(だえん)をきれいに描けるかどうかと、
その楕円自身が傾いているので
軸の向きや厚み等を慎重に確認しながら描いていきましょう。
 
ひもは、わらを編んででできています。
編みこみの様子や、ふわっとして台から浮いていることを表す影を描いて
表現。チャレンジです!
 
 
制作の様子です。
 
大きい独楽1個とひものセットを2箇所、
大きい独楽と小さい独楽1個ずつとひものセットを1箇所用意しました。
 
DSC09307

DSC09308  

DSC09309

鉛筆でデッサンした後、透明水彩絵具で薄く色をつけていきます。

白いコピー用紙に試し塗りをして、色を確かめながら塗っていきます。

 

DSC09315

DSC09318

DSC09331

 

それでは作品のご紹介です。

DSC09310  DSC09328

小学5年生の作品。

ほぼ正面向きの難しい角度なので

独楽が台に接地しているところを描くのが難しいのですが

全体的な影の調子がバランスがよく、空間がきれいに出ています。

着彩は優しくも薄すぎない色合いで自然な感じ。

光の様子も出ました。

 

DSC09306    DSC09325

小学6年生の作品。

結んであるひもと独楽を良い構図で入れました。

色の濃淡の幅が広く、絵として見応えがあります。

わらの質感がよく出ています。

 

DSC09321    DSC09332

中学2年生の作品。

ひもが入り組んで独楽が2つというモチーフの多さに負けず、

粘って形を描き上げました。

大きい独楽の木でできた質感と少し重そうな量感が出ています。

小さい独楽では、角度がついて楕円状になっている模様を冷静に描写することができました。

 

 

独楽は、大人でも全体的につじつまを合わせるのに少々苦戦するモチーフですが、

みんながんばって描き上げました!

円形のものに角度がついて楕円に見える状態の描写は

デッサンをしていく上で必ず通る道なので

良い練習になったのではないかと思います。

 

お疲れさまでした。
次回もがんばりましょう!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

吉田町画廊「小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス」

本格的にデッサンの勉強をしたい方へ、
小学4年生~中学3年生を対象に教えています。

吉田町画廊
横浜市中区にある画廊&アートクラスです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!