横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!!
こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。
今年もよろしくお願いいたします!

昨日1月9日は今年一回目のこどもアート土曜クラスでした。
お正月のお花?(花ではなく葉っぱですが…)葉牡丹を水彩描きました。
隣に鏡餅も置いていたので、鏡餅も描いた生徒もいました。

DSC09064

先ずは私の実演。
葉牡丹はキャベツみたいに葉っぱが沢山あり、一枚一枚描いていくのは結構大変。
ゆっくりで良いので丁寧に描くことを心掛けると良いです。
葉牡丹は種類によって葉っぱの形や色が微妙に違うので、そこまでしっかり観察して描きます。

DSC09071

クラスの方針で、水彩画の彩色は背景から塗っていくことを心掛けるよう指導しています。背景から塗ることで、絵を全体的に把握しながら制作を進めることが出来ます。
それから、背景をしっかり乾かしておけば、メインのモチーフを塗ったとき滲まず鮮やかな色で描けます。

DSC09068

DSC09073

こちら制作中の様子。
皆集中して描いています。しっかり葉っぱが生えている様子を観察しながら描けていますね。
水彩絵の具での彩色は、濃く塗りすぎるとせっかく描いた鉛筆のデッサンが消えてしまうので集中しなければいけません。

それでは完成作品のご紹介。

DSC09082

こちら年長の女の子の作品。正月らしく鏡餅と葉牡丹を可愛らしく描きました。葉牡丹の茎がガラス器に入って水に入っているところが綺麗に表現されています。

DSC09083

こちら小学3年生の女の子の作品。こちらも鏡餅と葉牡丹を描きました。鏡餅の器が立体的に見えるように描いていたり、葉牡丹の葉脈まで丁寧に描いていたりとレベルの高い作品になりました。

DSC09084

こちら小学4年生の女の子の作品。葉牡丹の葉の広がり方が丁寧に描かれています。葉牡丹とガラス器の質感が描き分けられていますね。淡い色の中にも緊張感のある良い作品です。

DSC09085

こちら小学3年生の女の子の作品です。葉牡丹の葉の色が紫だったり、黄緑だったり、緑だったりと色々な色の葉が混じっているところをしっかりと表現しました。生命力あふれる作品になりました。

DSC09086

こちら小学3年生の男の子の作品。鉛筆のデッサンが、勢いがありながらも葉牡丹、ガラス器、鏡餅と、それぞれの特徴をしっかり捉えていて素晴らしい。葉牡丹の葉の色が緑に少し黄色を混ぜて単調にならずに描けています。

DSC09087

こちら小学3年生の女の子の作品。葉牡丹の葉をすごく丁寧に一枚一枚描いています。青いガラス器の表現がとても素敵。ガラスの透明感が出ていて緊張感があってよい表現です。
バックの色の組み合わせも素敵ですね。

DSC09088

こちら年長の女の子の作品。背景の描き方が独創的で素敵です。思い切りの良い筆捌きでしっかりと色が塗れています。メインのモチーフと背景が上手に調和しています。
葉牡丹、ガラス器共にしっかりと観察をして細かいところまで表現できていて良いですね。

DSC09089

こちら小学1年生の女の子の作品。丁寧に葉牡丹を観察して描いています。葉っぱがめくれ上がるところや、葉っぱの色が緑から紫へグラデーションで変化をしていく所が丁寧に表現されています。良く見えていますね。

DSC09090

こちら小学3年生の男の子の作品。ガラス器を何回も描き直して表現方法を試行錯誤して描きました。ガラス器の硬い感じが良く出ています。茎がガラス器から出ている部分と入っている部分で色が違っています。良く観察出来ていますね。

DSC09091

こちら年長の男の子の作品。葉牡丹の葉っぱが重なっているところを観察しながら頑張って描きました。1枚1枚丁寧に描けています。背景の色面が素敵ですね。楽しみながら色を選んで描いているのが分かりますね。

また来週も絵画のカリキュラム。
素敵な作品を楽しみにしています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!