横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!!
こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。

先週土曜日のこどもアートクラスの様子をお伝えします!!

版画の中の「凹版画」という種類の版画の制作を行いました。

凹版画の制作方法の説明です。

平らな版にニードル(鉄の針)を使って引っ掻いて絵を描き、版の表面に溝を作ります。
イメージ通りの絵出来れば製版が完了。

DSC08716

刷りは、先ず版表面全体にインクをのせます。
その後布を使ってインクをふき取っていくと、引っ掻いた溝の部分にだけインクが残ります。

DSC08717

DSC08719

紙をかぶせてプレス機を通すと、溝に残ったインクが紙に移り紙の上に絵が印刷されます。

DSC08420

ニードルで引っ掻く強さやインクの拭き取り方で刷り上がりが変わってきます。

刷り上がりをイメージして制作を進めることが大切になります。

DSC08725

それでは、完成作品です!!

DSC08726

DSC08735

こちら、小学1年生の女の子の作品です。
しっかりとした線で堂々とした魚を描きました。
顔の上部分の黒い面は、ニードルで線を重ねて黒くしました。線が多く入るとそれだけ複雑な絵になり味わいが出てきますね。

DSC08727

こちら年長の女の子の作品です。
デザイン的なお花を3本描きました。インクの拭き取り加減を調整し、花の部分のインクをあえて残した状態で刷りました。刷り上がりを予測して自分で考えて作業を進めていて良いですね。

DSC08728

こちら年中の男の子の作品です。
こちらの作品もお魚だけを拭き取って、周りは残し、海の感じを表現していますね。青いインクが上手に残り海の感じが綺麗に出ていると思います。

DSC08729

こちら、小学3年生の女の子の作品です。
繊細なタッチでお花を描きました。銅版画のエッチングのような緻密な線で描けています。鉛筆で描くのに比べ、ニードルはコントロールが難しいのですが上手に使えています。

DSC08731

DSC08730

こちらは小学4年生の女の子の作品です。
サイコロを描きました。立体的に見える角度を上手に描いていますね。色を変えて2枚刷りました。色が変わるとイメージも変わって面白いですね。

DSC08732

こちらは小学1年生の女の子の作品です。
クリスマスの情景を丁寧に描いて黄色のインクで刷りました。黄色く絵が浮かび上がってくる感じが幻想的ですね。

DSC08733

こちらは年長の女の子の作品です。
こちらもクリスマスの情景を黄色で刷りました。しっかりと力強い線で描けていて良い感じ。ツリーのオーナメント、プレゼントなど細かく丁寧に描けています。

DSC08737

こちら、小学2年生の女の子の作品です。
画面いっぱいに沢山のキャラクターを描きました。一番時間をかけて制作をしていましたがとても良い作品が刷り上がりました。上手く刷り上ると本人は飛び上がって喜んでいました。

DSC08781

DSC08780

こちらは小学3年生の女の子の作品。
雨粒をたくさん描きました。それぞれ引っ掻く強さが違って、強かったり弱かったり色々な調子で絵が出てきていて綺麗ですね。青と黒の2色で刷りました。

DSC08782

こちらは小学3年生の女の子の作品。
大きなイルカ1頭と小さな魚をたくさん描きました。ニードルで引っ掻いた線が少し滲んだようになっていて綺麗です。プラ版版画、銅版画独特の線です。味わいがあってよい感じですね。

次回は、前回版を作ったコラグラフの刷りと、毎年恒例「お菓子の家作り」!!
次回もお楽しみに!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!