横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!



吉田町画廊子供アート講師の片桐拓弥です。



今日は土曜クラスの新年第一回目でした。




本日は5日(月曜日)と同じ正月のモチーフの静物画を描きました。


モチーフは、みかん、独楽、けん玉、千両、陶器の器でした。




本日は低学年の男の子が良い作品を描いてくれました。


DSC04418

 

かなり集中して描いています。

DSC04416

見ていただきたいところは、陶器の映り込み。

反射して周りが移りこんでいる所をよく見て鉛筆で表現をしています。

それから、縄の結び目までよく観察をして描けています。



みかんの形も単純な円にならず、

みかんらしい形が捉えられていて良いですね。


絵のカリキュラムをやると、

タイプがはっきりと分かれて面白いのですが、


物を見ながら描く事が好きなタイプと、

想像して描く事が好きなタイプがいます。



作者の彼は物をみながら描く事が好きなようです。


個人差があるので、一概には言えませんが傾向として、

男の子の方が物を見て描く事が好きで、

女の子の方が想像して描く事が好きな傾向にありそうです。


男の私も昔から物を見て描く方が好きで、

想像して描く事に対しては今でも若干苦手意識があります。


アート作品を制作する時、本人のやる気、モチベーションが非常に大切になります。

なので、やりたくない物を無理に描かせることは中々出来ません…



なので、生徒がやりたくないモチーフに当たっているなと感じた時は、声掛けを工夫したり、場合によっては生徒と話をして描きたいようにモチーフを変える事もあります。


静物画なのに中に人物を描いても大丈夫です!!


先ずは楽しく描きましょう!!

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!