横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!

こどもデッサンクラス講師の阿部道子です。

今回お伝えするのは、こどもデッサンクラスでおこなった
1月の「特別プログラム」の様子です。

 

「特別プログラム」とは・・・、
月に一度行う一斉課題のこと!!

 

通常は、個別に違うモチーフを描くのですが、
この一斉課題では、ちょっとレベルアップしたものを用意し、
数人で同じ課題に取り組むことで、お互いに刺激となり
がんばって描き上げていこう!というモチベーションを上げるのが
目的です。

 

また、花や果物等の自然物には、
デッサンの後に透明水彩絵の具での着彩も行い、
水彩で絵を描く上での技術習得につながることも目指しています。

今回のモチーフは、ガラスの花器に入った植物、千両。
植物、ガラスの質感の描き分けや、水面の様子もとらえて
描いてみます。

 

制作中の様子:鉛筆デッサン

DSC04554

DSC04606

 

 

後で着彩をするのであまり濃く鉛筆をのせたりしませんが、
その物らしい特徴をとらえて線描していきます。

デッサンが終わった時点での作品は、こちら。

DSC04610

 

茎や葉ののびのびとした様子がよく捉えられています。

DSC04609

 

空間や、ガラスの質感も感じさせる、よいデッサンです。

着彩の様子

DSC04558

 

透明水彩パレットと、混色して作った色を確認するための試し紙(コピー用紙)
をそばに置いて、色を塗っていきます。

2時間半という時間の中で仕上げるので、
鉛筆デッサンの色や線を生かし、お水を多めに含ませた絵具で塗っていきます。

ちなみに、試し紙に描いた様々な色は人それぞれ違うので、
見ていると面白いです。

みんな、時間ギリギリまでがんばりました!

こちらが、完成作品です。

 

DSC04560

 

(中学1年生)
明るい色彩で、場所によって緑色・黄緑色をよく使い分けています。

DSC04562

(中学1年生)
デッサンをよく生かした塗り方ができました。混色が上手いです。構図が良いです。

 

DSC04617

(中学1年生)
光や影の感じがおおらかにとらえられています。
ガラスの中の水の様子が綺麗です。

 

DSC04616

(小学5年生)
デッサンの時の良い形を殺さず、特徴をとらえて色を塗ることができています。

 

DSC04618

(小学5年生)
優しい雰囲気が持ち味です。構図が良いです。

次回もがんばりましょう!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

吉田町画廊「小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス」

 

本格的にデッサンの勉強をしたい方へ、
小学4年生~中学3年生を対象に教えています。

ホームページはこちら。
小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!