横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!
こどもアートクラス講師の阿部道子です。

「こどもアートクラス・デッサンクラス作品展」は、好評のうちに終了致しました。

お越しいただいた皆様、出品してくれた生徒とご家族の皆様、ありがとうございました!

 

9月7日(月)月曜クラスの様子をご紹介します。

 

9月は、約1ヶ月かけて一つの作品を作る、「特別カリキュラム」の月です!

3ヶ月に一度設けている「特別カリキュラム」では、

専門性の高い課題を行い、技術や技法に対する理解を深めることを目的としています。

約1ヶ月かけて、いつもより手のこんだ作品作りをします。

 

今月の課題は、「日本画で掛け軸を作る」!!

 

和紙に、日本画の画材である「泥(どろ)絵の具」・「岩(いわ)絵の具」・「箔(はく)」を使って絵を描き、

それを布に貼りこんで完成させます。

絵のテーマは、「宝物」「大切なもの」。

 

下描き等でイメージを固めてから、和紙に鉛筆で形を描き、

まずは泥絵の具で色を付けていきました。

 

絵皿に、絵具の元となる粉状の顔料を入れ、

接着剤になる「膠(にかわ)」等を足して、自分の指で混ぜて作ります!

 

☆4歳~小2クラス

 

DSC07340

4歳の生徒も、がんばってまぜまぜ。

自分で絵の具を作りました。

 

 

DSC07341

こちらの小学生の生徒は、図鑑を参考にしてカブトガニなどを上手に描いていました。

紫色を使っているのが面白いです。

 

 

☆小1~小6クラス

DSC07347

この生徒は、持ってきたウサギのぬいぐるみがモチーフ。

 

 

 

DSC07344

 

DSC07350

3、4年生と大きい子達が多いので、作業が比較的早く進み、

仕上げに岩絵の具を使っている生徒もいました。

こちらの生徒は、桜の絵。

枝をダイナミックに描いた後、桜の花をピンク色の岩絵の具で表現していました。

 

 

 

 

DSC07349

この生徒は、ダイオウイカがモチーフ。

和紙を縦に2枚つなげて迫力ある画面に。

また、文字を飾り文字にして描いています。にぎやかな絵になりそうです!

 

 

来週もお楽しみに!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!