横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!!

こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。

講師の阿部道子が9月カリキュラム「掛け軸作り」の準備中です。

DSC07288

DSC07287

掛け軸の絵の部分は日本画の画材を使って描きます。

日本画の絵の具は、
顔料をくっつける接着剤として「膠(にかわ)」という物を使います。

粉状の顔料に、液状にした膠を指で混ぜて絵具を作ります。

膠は動物性のゼラチンで、ゼリーの原料と根本的には同じです。

鹿から取った鹿膠や、牛から取った三千本膠が古来日本画画材として使用されている物です。
これらは、最初は棒状やサイコロ状など固形になっていて、絵具用にするために火に数時間かけて溶かさなければならない。
しかも、匂いが強い。1週間程度で腐ってしまう。
など、とても手間がかかります。

現在、画材屋さんが便利な使い勝手の良い膠を開発しています。
既に液状になっていて防腐処理をしている物など色々と商品化されています。

9月のカリキュラムでは、画材屋さんで新しく出ていた商品2つを採用しました。

阿部が行っているのは新しい膠を使って描き心地の最終チェック。
描き心地は良好でした☆

DSC07291

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!