横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。

昨日の土曜こどもアートクラスでは、
午前クラスは、古典絵画の模写2週目。
午後クラスは隔週なので、初めて模写のカリキュラムを行いました。

DSC06448

DSC06451

DSC06478

このカリキュラム。以外と言ったら悪いのですが、
私が思っていた以上に皆集中して描いていました。良い意味で驚きでした。

授業の最初。
私が描き方の実演。

DSC06477

午前クラスでは、この日初めてモチーフに加えた葛飾北斎の北斎漫画の中から相撲の絵を描きました。

DSC06498

DSC06499

DSC06500

午後クラスでは竹内栖鳳の清閑。寝ている犬の絵です。

DSC06501

実演を見たら、好きな作品を選び実際に模写を始めます。

皆集中して描いています。

墨は、水加減で色々な表情や濃淡が作れるから面白いですね。

それでは、完成作品。

DSC06490

こちらは小学校低学年の女の子の作品。
奥村土牛のリスの模写。
この後ろを振り返るリスの表現はかなり難しいのですが、上手く表現できています。ちゃんと振り返っている感じが出ていますね。
尻尾のフワフワの感じも出ています。
枝振りやザクロの表現も感じを掴んでいて良い感じです。

DSC06454

こちらは小学校低学年の女の子の作品。
鳥獣戯画の馬を描きました。線の強弱が上手く出ていて躍動感あふれる作品になりました。
描くうちにどんどん紙を継ぎ足していって横長の壮大な作品になりました。
墨色も濃淡があって綺麗ですね。

DSC06456

こちらは小学校低学年の男の子の作品。
鳥獣戯画の玄武を描きました。想像上の生き物なのですが、その幻想的な感じが表現できていますね。
角の生えた独特な顔や、爪までしっかり描いた脚の表現など、細部までしっかりと集中して描けています。

DSC06466

こちらは小学校中学年の女の子の作品。
丸山応挙の狗子図の模写。原作の独特なクタッとした可愛らしさ。今風にいうと「ゆるキャラ」的な感じが良く出ています。それぞれの犬に表情があって個性的で良いですね。
なにやら固まって相談をしているのでしょうか。楽しそうですね。

DSC06470

こちらは小学校低学年の女の子の作品。
こちらも丸山応挙の狗子図の模写です。こちらの作品は犬3匹を少し小さめに画面に入れてまわりの空間を広く取りました。墨の濃淡が上手く使えていて、綺麗な空間が描けています。犬の間にある足跡が可愛いですね。

DSC06492

こちらは小学校低学年の女の子の作品。
尾形光琳の四季草花図の中のアジサイの模写。原作では葉っぱの部分は、たらし込みという、中身の描写は殆どせず、シルエットで表現していく技法で描かれています。
模写では、水をたっぷり含ませた筆を上手に使い、豊かなシルエットを表現する事が出来ました。色々な色を使って描いた花も綺麗ですね。

DSC06472

こちらは年長の女の子の作品。
奥村土牛の兎図の模写です。こちらも黒兎の黒い模様の部分はたらし込みの技法で行っているのですが、少し太めの筆でたっぷりと描かれていて綺麗ですね。
広い面積を塗っているので、墨の濃淡がより綺麗に見えてきます。

DSC06469

こちらは年長の女の子の作品です。
こちらも奥村土牛の兎図の模写です。可愛らしい表情の兎ですね。
こちらの作品は墨で描いた後空や草を自分のイメージで色を付けて描きました。太陽と空の色の組み合わせが素晴らしいですね。明るいイメージで良い作品です。

DSC06494

こちらは小学校中学年の女の子の作品です。
こちらも奥村土牛の兎図の模写です。端正な非常に良い形で描けています。水と墨の使い方が上手く出来ているので、ウサギの体が立体的なボリュームがあるように見えて良いです。
濃淡が綺麗ですね。

今回は作品数が多いので、ブログの記事を2つに分けます!!
次の記事も模写の続き。
是非次もみて下さい!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!