横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。

こどもデッサンクラス講師の阿部道子です。

最近は雨の日が多く、梅雨らしい季節ですね。

 

6月25日(木)の

こどもデッサンクラス特別プログラムの様子をお届けします!

 

「特別プログラム」とは、月に一度行う一斉課題のこと。
数人で同じ課題に取り組むことで、お互いに刺激となり
がんばって描き上げていこう!というモチベーションを上げるのが
目的です。

 

今回の課題は、実の植物。

「ヒペリカム」という、赤いつやつやした実を持つ植物です。

ガラスの花瓶に活けてある様子を描くので、

植物とガラス、水の質感の違いや、

葉のつき方、茎の色等も観察して描いてみましょう!

 

鉛筆でデッサンした後、透明水彩絵具で薄く色をつけていきます。

 

制作の様子です。

3箇所それぞれ、実や枝の付き方、花瓶の種類が違います。

実の数がちょっと多くても、負けずに描いていきましょう。

丸い花瓶2つの机  直方体の花瓶の机

 

デッサンが終わったら、残り30、40分位で着彩。

白いコピー用紙に試し塗りをして色を確かめながら塗っていきます。

下地に薄い色を塗ったりと、やり方は人によって多少違います。

ゆうてつ-色塗り中     つきの-色塗り中

 

 

らら-色塗り中   りあな-色塗り中

 

 

完成作品は、こちら。

 

らら-デッサン   らら-完成

(中学2年生)

実がかなり正面を向いている角度でしたが、

色をしっかりと塗って厚みを出し、表現することができました。

 

 

ゆうてつ-デッサン    ゆうてつ-完成

(小学6年生)

形をよく見て、きれいに線を描くことができました。

水の中の様子も密度が感じられます。

 

 

 

ゆきみ-デッサン   ゆきみ-完成

(中学2年生)

直方体の花瓶を正面から描くという、難しいことに挑戦してくれました。

ちゃんと花瓶の奥行きや質感が出ています。

植物の形が素直にとらえられています。

 

 

みんな、植物の活き活きとした感じを描くことができました。

 

 

次回もがんばりましょう!!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

吉田町画廊「小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス」

本格的にデッサンの勉強をしたい方へ、
小学4年生~中学3年生を対象に教えています。

吉田町画廊
横浜市中区にある画廊&アートクラスです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!