横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!
こどもアートクラス講師の阿部道子です。

日に日に陽射しが強くなってきました。緑も濃くなり、夏が近いですね。

 

6月1日(月)月曜クラスの様子をお伝えします!

 

6月は、特別カリキュラムの月です!

3ヶ月に一度設けている「特別カリキュラム」では、

専門性の高い課題を行い、技術や技法に対する理解を深めることを目的としています。

約1ヶ月かけて、いつもより手のこんだ作品作りをします。

 

今月の課題は、「木工で椅子を作る」!!

角材や板材をねじ釘やボンド、テープでつなぎ、大人も座れちゃう椅子を作ります!

 

 

1週目となる今回は、角材をくみ上げて、椅子の原型を作るところまで。

 

DSC05868

角材は、

ねじ釘の位置に予め穴を開けておいた長い木材、

中ぐらいの長さの木材・一番短い木材(この2種類は、長い木材を横位置でつなぎます)、

それぞれ4本を使います。

 

短めの角材が2種類必要なのは、角材の断面が正方形ではないからです。

 

まずはこんな、鳥居のような形を2つ作るところから

はじめます。

DSC05869

 

☆4歳~小2クラス

 

DSC05871

角材をつなぎ合わせる作業は、

まず、強力両面テープを切って接続部分に貼るところから。

 

それができたら、ねじ釘をドライバーでぐいぐいと入れて

しっかりつないでいきます。

 

DSC05873  DSC05875

低学年の女の子でも、慣れてくると一人で下の角材を支えて

ドライバーを使いこなすことができました。

 

 

鳥居の形が2つできたら、

一番短い木材を間に渡して、それも強力両面テープとねじ釘で接続。

DSC05877

 

ボンドを塗った部分に、座面となる木材の板をくっつけて、本体の形のできあがりです。

DSC05880

 

 

☆小1~小6クラス

 

こちらでも、みんな元気にドライバーを使って作業していました!

 

ちよう

一番年下の男の子も、台を持ち出して座り、上手な手つきで進めていました。

 

 

こうたい

高学年になると、横位置にドライバーを構えてねじ込む子も。

 

 

みんな積極的に手を動かし、

それぞれ椅子の原型の形が出来上がりました!

 

こんな感じです。

椅子組みあがり(こうたい)

 

来週は、座面のクッション部分を付けたり、色を塗ったりといった作業に

進んでいきましょう。

 

次回もお楽しみに。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!