横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。
こどもデッサンクラス講師の阿部道子です。

 

5月28日(木)の

こどもデッサンクラス特別プログラムの様子をお届けします!

 

「特別プログラム」とは、月に一度行う一斉課題のこと。
数人で同じ課題に取り組むことで、お互いに刺激となり
がんばって描き上げていこう!というモチベーションを上げるのが
目的です。

 

今回の課題は、キャベツを描くこと!

鉛筆でデッサンした後、透明水彩絵具で薄く色をつけていきます。

 

キャベツは、レタスと違い、葉脈がくっきりしていて葉に厚みがあること、

ひだやしわがたくさんあること、どっしりとした重い感じ、などが特徴です。

 

そのままの物と、一枚外側の葉をはがして隣に置いた物

の2種類を用意。どちらかを描いてもらいました。

 

 

制作の様子です。

 

まずはデッサン。

DSC05813 DSC05815

 

そして、透明水彩での着彩の様子です。

白いコピー用紙に試し塗りをして色を確かめながら塗っていきます。

葉脈は白い部分ととらえ最初は色を塗らず、緑色の部分から塗っていきます。

 

DSC05831 DSC05835

 

 

作品のご紹介。

 

こうたい-デッサン こうたい-完成

(小学4年生)

筆使いや色使いに若干荒々しさがありますが、良い味になっています。

元気のよい、フレッシュなキャベツになりました!

大胆ながらも形の特徴をとらえ、線がきれいに描けました。

 

 

こうすけ-デッサン  こうすけ-完成

(小学6年生)

細かいところを観察して描くことができました。

水気をふくんだしっとりした感じが出ています。

いろいろな緑色を工夫して作ることができました。

 

 

つぼみ-デッサン  つぼみ-完成

(中学2年生)

キャベツ本体の葉が反り返っているところなど、固有の形をよく観察して描くことができ、

臨場感があります。台に落ちている影がきれいです。

色は、茶色等が混ざった中間色を上手に作ることができました。

 

 

ゆきみ-デッサン ゆきみ-完成

(中学2年生)

細かい描写とざっくりした全体の印象のバランスがとても良い作品です。

右側の一枚葉の重みも伝わってきます。

 

 

描く要素が多く、絵具の使い方も少々テクニックが必要で

ちょっと難しかったかもしれませんが、みんな頑張って仕上げてくれました!

 

次回もがんばりましょう!!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

吉田町画廊「小中学生のためのデッサン絵画基礎クラス」

本格的にデッサンの勉強をしたい方へ、
小学4年生~中学3年生を対象に教えています。

吉田町画廊
横浜市中区にある画廊&アートクラスです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

 

 

 

 

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!