横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは。
こどもアートクラス講師の片桐拓弥です。

先日、母の日直前のカリキュラムで作った手作りギフトバックの作り方を記載します!!

材料は紙、両面テープ、鉛筆のみ。

作り方も非常に簡単です。

今年の母の日は過ぎてしまいましたが、来月の父の日。それから、バレンタインデー等々贈り物をする時に自作のギフトバックを使うと喜ばれること間違い無し!! なので、興味のある方は試してみて下さい。

20150511_131618_resized

材料はたったのこれだけ。
紙、両面テープ、鉛筆だけで出来ます!!
紙は今回A4サイズのものを使いました。
これよりも大きな紙を使うと、大きな袋が出来ます。

先ず、紙の長辺を3つ折りにします。
このように、端から大体4分の1程度の所を折ります。

20150511_130210_resized

そして、逆端からも折ります。

20150511_130230_resized

のりしろを作る為、
このように、折った部分が大体2センチ程度重なるようにします。

20150511_133431_resized

この際、のりしろの位置が紙の真ん中に来なくても問題はありませんが、
気になるようでしたら、寸法を測って折ると良いです。

折れ目が付いたら、重なる部分に両面テープを貼ってくっつけます。

20150511_130327_resized

20150511_130407_resized

続いて、袋の底の部分を作ります。

先ず、このように底の部分を折り上げます。
折り上げる分量を多くすると、背が低く底が大きな袋に。
折り上げる分量が少ないと、背が高く底が細長い袋になります。

20150511_130435_resized

今回は大体6センチくらいの所を折りました。

そして、こんな風に広げます。

20150511_130514_resized

広げたら、①と②が2センチ程度重なるように折ります。

①②

この状態になったら、

20150511_134805_resized

赤線

赤線の部分に鉛筆で線を引きます。
そして、一旦広げます。

写真の①~④の部分に両面テープを貼り、もう一度折れ目で折り返します。

①~④

折り返す時に、この部分にも両面テープを貼り、重なるところを貼り合わせます。

赤丸

これで、袋は出来上がり。

こんな感じで折れ目を付けて広げていくとカッチリとした袋になります。

20150511_131230_resized

20150511_131306_resized

20150511_131546_resized

写真は白い袋ですが、
紙を選ぶ、絵を描く、装飾をする等無限にアレンジをしていく事が出来ます。

クラスでのアレンジの様子はこちら。

手作りギフトバックに本気で装飾!!

こちらも併せてお読み下さい!!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

吉田町画廊こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

吉田町画廊
横浜市中区にある1F画廊&2Fアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町5-14
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!