横浜市中区、関内・桜木町の造形教室&絵画教室

こんにちは!
こどもアートクラス講師の阿部道子です。

4月2週目のクラスの様子をご紹介します。

今月のカリキュラムは、
特別カリキュラム「もみ紙にお花の絵を描く日本画」!
1か月かけて仕上げていきます。

2週目の今回は、
もみ紙作りが終わって、板に水張りしたもみ紙が乾いた人から、
下描きをもみ紙に転写し、絵具で色をつけていきます。

絵具に使うのは、日本画の伝統的な絵具
「岩絵具(いわえのぐ」と「水干絵具(すいひえのぐ)」です。
岩石を粉にしたものが岩絵具、
前回使った胡粉(ごふん。白い貝の貝殻を砕いたもの)に色を付けたものが
水干です。

どちらも、そのままでは和紙に定着しないので、
膠(にかわ)という接着剤を入れて指で混ぜて使います。
(この作業を「絵具を溶く(とく)」と言います)

下塗りには、水干のペタッと覆い隠す効果が最適。
岩絵具は、背景色のもみ紙に多少透けますが、光があたると石の粒に反射して、キラキラします。

どんな風に制作が進んだのでしょうか?

 

IMG_4841_1 IMG_4837_1IMG_4750_1 IMG_4832_1IMG_4852_1 IMG_4849_1 IMG_4845_1 IMG_4749_1

IMG_4842_1 IMG_20180414_104143

IMG_20180414_104139 IMG_4843_1

IMG_4856_1

 

金箔と銀箔を貼ったら完成です。早くも出来上がったのがこちら。

IMG_4859_1

いろいろな緑色が見えます。今の季節にぴったりですね。

 

 

次回もお楽しみに!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
アトリエ吉田町こどもアートクラスは、
一斉課題&自由課題を織り交ぜたサイクルでカリキュラムを組み、
楽しく、発想力、創造力、自発性を育む絵画教室&造形教室です。

アトリエ吉田町(旧吉田町画廊)
横浜市中区にあるアトリエです。関内駅、桜木町駅から歩けます。
※2016年8月より下記へ移転しました。
〒231-0041 神奈川県横浜市中区吉田町10 斉藤ビル5F502
℡045-252-7240
URL http://www.yoshidamachi.net/

こどもアートクラスの説明はこちら!!

デッサン絵画基礎クラスの説明はこちら!!

無料体験は随時受け付けています。お申し込みはこちらから!!